帯状疱疹 症状

スポンサーリンク




帯状疱疹 症状

帯状疱疹 症状 について。

 

 

 

 

帯状疱疹(たいじょうほうしん)はヘルペスともいいます。ヘルペスとは疱疹=ちっちゃい水ぶくれが集まった状況の事ですが、
ヘルペスウィルスによって起きるもの病みを指し、主に帯状疱疹と単純疱疹(口唇(こうしん)ヘルペス、性器ヘルペスなど)の2つがあります。

 

 

 

 

帯状疱疹の原因はウィルスです。

スポンサーリンク




 

子どものときにかかった水疱瘡のウィルスが、治ったあとも神経細胞の内部に潜んでいて、 何らかのきっかけで、免疫力が弱った時に発症します。

 

 

 

 

免疫力が悪化する理由には、様々なものがあります。

 

気疲れや緊張、怪我などのショック、それから老化などによって引き起こされます。
一般的に年寄りに多数、60代を越えると発症率が高くなる傾向にありますが、 20〜30代の患者さんも少なくありません。

 

 

 

 

帯状疱疹でもっとも面倒なのは、神経痛だけが後に留まるケースです。

 

こうしないため、初期療治に全力を傾けます。
帯状疱疹後神経痛の特性は、 どんな神経ブロックも効かない事です。 アルコールで神経を殺しても無駄です。

 

最終的には外科手術で、脳の痛みを感じ取る一片を取り壊してしまう人もいるくらいです。 堪えがたい痛みは、ガンに及ぶとも言われています。

スポンサーリンク




帯状疱疹の偏頭痛

偏頭痛はいわゆる「頭痛持ち」などと呼ばれ、
およそ日本人の約8パーセント(800万人位)もの人が患っています。

 

 

この偏頭痛が生じる原因はまだ明かされておらずわかりません。
ですが偏頭痛の痛みが生じる構造は医学によって解明されています。

 

偏頭痛は何らかの理由(ストレスや疲労)で頭の血の巡りが悪くなり膨張することにより、
頭痛が発生してしまうとされます。

 

 

主な原因についてはセロトニンという物質の神経伝達物質が偏頭痛に
大きく関連しているとされていますが、その関連性はまだ確実とはされていません。

 

身体に帯状疱疹が発生すると、神経が勘違いして水疱瘡のウイルスが炎症を起こします。
そして頭の血管に炎症を起こしてしまい、
偏頭痛が生じると言われます。

 

 

つまり、帯状疱疹のウィルスが偏頭痛を発生させて悪さをしているということになるんですね。

 

帯状疱疹が発生した直後に頭部側面の痛みを感じた時は
帯状疱疹が原因で偏頭痛が生じた可能性を考える必要があります。

帯状疱疹と殺菌

帯状疱疹はウイルスが悪さをしていますので、
子どもやお年寄りなどの身体の抵抗が貧弱な人は間接的に感染してしまうことがあります。

 

 

そのため、帯状疱疹が発生して場合は
お風呂のお湯の共有や、タオルの共有、洗濯物の共有は避けるようにしましょう。

 

洗濯物は晴れた日に日光でしっかりと殺菌をすることなどが大切です。

 

帯状疱疹で偏頭痛が起こった場合、吐き気などを伴うこともあるので、
万が一のケースでも周りの人に迷惑をかけてしまわないように
よく配慮することも感染者の重要な点となりますよ。

帯状疱疹治療薬を安くで購入する方法

帯状疱疹治療薬のバルトレックスが欲しい方は、お医者さんから処方されるのが基本となり、1錠1600円以上の支払いをしなければなりません。
結構高いのですが、個人輸入ではかなり安く手に入れることができるんですね。

個人輸入と言っても難しいことはありません、日本の通販ショップとなにも変わりませんから安心安全です。

⇒ バルトレックスを安くで購入する方法はこちら

スポンサーリンク


スポンサーリンク


ブログランキングブログランキング PVランキング