帯状疱疹を2度と再発させない!予防法とは?

 

あなたはこんなことで困っていませんか?

帯状疱疹かも知れないから早く治したい!
帯状疱疹を2度と再発させたくない!
身体に免疫力をつけたいけどどうすればいいの?
神経痛のような痛みが辛い・・・
赤い発疹はもうイヤだ!

 

あなたはこんな悩みをお持ちではありませんか?

 

帯状疱疹への悩みは尽きないと思いますが、私もそうでした。

 

初めは電気の走る様な激痛が出てから数日後に左側後頭部に
耳の後ろから頭頂部にかけて帯状疱疹ができ、その後の神経痛が残りました。

 

また背中が痛くなり、左の背中からお腹にかけて、
小さな水膨れのようなもなのがいくらかでて日に日に痛みがましてきて
毎日痛みに耐えて、とてもとても辛い日々が続きました。

 

そして、行きつけのお医者様に

 

「免疫機能が低下しているから帯状疱疹になりやすくなっているんだよ」

 

と注意されてしまいました、
どうやら免疫力がないので帯状疱疹になってしまったようですね。

 

帯状疱疹になったのは免疫力低下が原因

 

 

帯状疱疹のもともとの原因は私たちの免疫力が落ちてしまったことにあります。
免疫力が落ちたときに、帯状疱疹の原因となるウイルスに感染してしまったのです。

 

そして、この免疫力が落ちてしまう原因は人それぞれ違います。
特に多い原因は、ストレスや疲れがたまってそれにより免疫力が落ちてしまうことです。

 

他にも、風邪などをひいたり、負傷、老化などが原因で私たちの体が
ウイルスに対する耐性が落ちてしまったときに感染してしまうのです。

 

つまり、免疫力を回復させることができれば
帯状疱疹の悪化を防ぐことができますし、予防にもなります。

 

免疫力を回復させることで帯状疱疹だけでなく、
一般的な風邪や他の病気の予防にも効果があります。

 

特に暑い夏場、真冬の時期は、栄養不足になりがちですので、
意識して栄養のある食事をとることが大切です。

 

どんな食べ物がいいの?

 

帯状疱疹を治すには、まず疲労回復が必要です。
そこで効果的なのは、ビタミンB1とビタミンCです。

 

ビタミンB1は、筋肉の疲労を解消する効果があります。
ビタミンCには強い抗酸化作用がありますので、疲労をもたらす活性酸素を除去してくれます。

 

特に青汁にはバランスよくこれらのビタミンB1やビタミンCが豊富に含まれていますので、
毎日続けて飲むことで、免疫力の向上、そして疲労回復に大きな効果を発揮します。

 

また、ビタミンB群をバランスよく摂取することで、
皮膚や粘膜が丈夫になり、炎症にも荒れた肌の修復にも早く鎮静化するのです。

 

栄養バランスがいい青汁が効果大

 

「青汁でイメージするものは?」と聞かれた際に、
健康でカラダに良いというイメージと共によく聞かれるのが「苦味がある・マズい」という声ですね。

 

「まずい、もう一杯」というコマーシャルが有名なように、
苦味があるというイメージが定着しているようです。

 

しかし現在は「苦い」というイメージを覆すような、
苦くない・飲みやすいものがどんどん登場しているんですね。

 

私が教えてもらった青汁は抹茶風味で飲みやすく、
ケールに含まれる栄養素(ビタミン、ミネラル、食物繊維など)も
豊富に含まれていて非常に美味しいんですよね。

 

その青汁を1ヶ月ほど飲み続けたところ・・・

 

ピリピリと焼けるような痛み、針を刺されるような痛み、
締め付けられるような痛み、ものが張り付いたような感じはすっかり無くなり、
皮膚症状の改善を追うように痛みも落ち着いてきて完治してくれました。

 

もちろん、ストレスを溜め込まない生活もするよう心がけましたが、
青汁を飲むという食事療法が免疫力をあげてくれたようです。

 

それから半年以上経過しましたが、青汁生活を辞めずに
毎日飲んでいるおかげかちょっとした病気もしなくなりましたね。

 

最初は「青汁だけで改善できるの?」と半信半疑だったんですが
ちゃんと完治してくれたので、今では信用して毎日与えています。

 

帯状疱疹を治すのに薬を飲む方法もあるのですが、
抵抗があるならばまず試してみるべきです!
それからでも遅くはないと断言できます。

 

⇒ 私が実際に飲んでいた青汁はこちら